2016/08/07 11:17:07 |
お金に関する相談は色々とあり、最もメジャーとも言える借金問題以外にも、交通事故の被害者のお金に関わる相談もあります。被害者は損害賠償として怪我の治療費や慰謝料の請求を主に保険会社に示談で行いますが、示談の交渉はどうしても難航しがちで良い条件での成立が難しい側面があります。示談は妥協をすると被害者が大きく損をする場合が多く、本来請求ができたはずの金額が得られない可能性があります。事故の状況や怪我の程度によっては慰謝料は非常に大きくなる場合がありますが、保険会社が提示する示談内容は保険会社に有利な条件となっていることがほとんどのため、事故の被害者が得る分が少なくなってしまうのです。示談内容が納得い...
2016/08/07 11:17:07 |
お金に関することは様々な内容が相談できる弁護士では、特に慰謝料に関するものは強くなっています。慰謝料と言っても色々とありますが、有名なのが離婚に関する慰謝料ではないでしょうか。多くの弁護士では離婚による裁判や慰謝料の交渉を生業としており、離婚に関して困ったことがあれば気軽に相談ができるようになっています。慰謝料がどれだけ請求ができるのか、どのように離婚を進めるべきかなどの詳しい内容が聞けるので、離婚に関して分からないことがあれば何でも聞いてみるのが良いです。離婚の原因も慰謝料には大きな影響を与え、例えば原因が浮気である場合には慰謝料の金額が大きくなるケースが多いです。とは言え、浮気の決定的な証...
2016/08/07 11:17:07 |
借金が返せなくなって債務整理を考える際には、金利が高いところだけどうにかして低金利や付き合いのある債権者に関してはそのまま支払いを続けたいと考える方もいます。一部だけの債務整理を希望して弁護士などに相談をする方もいますが、基本的に一部の借金だけ債務整理を行うことはできません。これは債権者平等の原則に従うためであり、借金の状況や借り入れの時期などに関わらず全ての債権者、つまり借金は平等に扱わなければならないのです。あくまで原則であるために例外はありますが、基本的に全ての借金は平等となるため、一部だけ条件が良いからと債務整理から除外をすることはできないのです。それでもどうしても「ここだけは債務整理...
2016/08/07 11:17:07 |
払えなくなってしまった借金を整理する際に用いられることが多いのが、任意整理の手続きです。任意整理はその名の通り債権者との任意での借金整理となり、裁判などを行うわけではないので強制力はありませんが、しっかりと話し合いを進めることによって借金返済をどうにかしていくといった債務整理になります。任意整理は裁判ではないので特別な手続きが必要となるわけではなく、債権者との話し合いがしっかりと進められるのであれば個人でも問題なく行えます。しかし、実際には債権者は借り手が個人で任意整理による返済計画の見直しを持ちかけても応じてくれない場合が多く、なかなかうまくいかないものなのです。そこで頼る方が多いのが弁護士...
2016/08/07 11:17:07 |
闇金には様々なタイプや種類があり、手口も様々です。最も良く見かけるのが短期とされる少額を僅かな返済期間で貸し付けるタイプで、2万円程度の金額を1週間や10日程度の期間で非常に高い金利で返済を行います。2万円を借りて1週間後に35,000円で返済を行うといったおかしな金利となる短期の闇金も存在し、2万円の貸付とは言っても実際に振り込みがされる金額は15,000円や17,000円となるので倍以上の金額での返済を行わなければならない場合もあります。短期は貸し付ける金額が少額なために闇金側が抱えるリスクも少なく、多重債務者にも平気で貸付を行う特徴があります。多重債務者に貸しても返済が正常にできる見込み...