借金を整理する際に必要となる費用

払えなくなってしまった借金を整理する際に用いられることが多いのが、任意整理の手続きです。任意整理はその名の通り債権者との任意での借金整理となり、裁判などを行うわけではないので強制力はありませんが、しっかりと話し合いを進めることによって借金返済をどうにかしていくといった債務整理になります。

 

任意整理は裁判ではないので特別な手続きが必要となるわけではなく、債権者との話し合いがしっかりと進められるのであれば個人でも問題なく行えます。しかし、実際には債権者は借り手が個人で任意整理による返済計画の見直しを持ちかけても応じてくれない場合が多く、なかなかうまくいかないものなのです。

 

そこで頼る方が多いのが弁護士や司法書士です。多くの金額を借りていると弁護士での依頼となりますが、任意整理は専門家に依頼をしておくと思っている以上に簡単にスムーズに進むものです。とくに債権者が多い場合には自分自身で進めるのは大きな手間となりますが、弁護士にしても司法書士にしても法律家に依頼をすれば何もせずとも任意整理が成立します。

 

基本的に弁護士などに依頼をすると、依頼者は債権者との直接の交渉は不要となります。全て間に入った弁護士が手続きを進めてくれるので、債権者と話をつける必要もありません。また、返済に関しても弁護士を介して行うので安心です。

 

全て任せられるのが弁護士などに依頼をする任意整理ですが、デメリットしては費用がかかる点が挙げられます。必要となる費用は法律事務所によって異なりますが、大体の相場のようなものはあるので依頼前に任意整理の費用をしっかりと確認するようにしましょう。