一部の借金だけ債務整理を行うことは可能か

借金が返せなくなって債務整理を考える際には、金利が高いところだけどうにかして低金利や付き合いのある債権者に関してはそのまま支払いを続けたいと考える方もいます。一部だけの債務整理を希望して弁護士などに相談をする方もいますが、基本的に一部の借金だけ債務整理を行うことはできません。

 

これは債権者平等の原則に従うためであり、借金の状況や借り入れの時期などに関わらず全ての債権者、つまり借金は平等に扱わなければならないのです。あくまで原則であるために例外はありますが、基本的に全ての借金は平等となるため、一部だけ条件が良いからと債務整理から除外をすることはできないのです。

 

それでもどうしても「ここだけは債務整理はしたくない」というところもあるでしょう。例えば給料の振込先になっている銀行からのカードローン利用がある場合などは、債務整理を行うことによってカードローンと併用がされている口座が止まる場合があり、そうなると会社へ振込先口座の変更を依頼しなければならなくなります。

 

他の金融機関で対応ができれば良いのですが、会社指定の金融機関が限られている場合などはどうにもならないケースもあります。そのようなときには債務整理から除外をすることも可能となる場合があります。

 

このあたりの細かいことは個人で進める債務整理では難しいので、やはりプロである弁護士に相談をして依頼を進めると良いでしょう。相談時に除外をしたい債権者があれば事情を説明し、可能であるかの確認をしてください。問題が無いようであれば一部だけの債務整理を進めてもらい、支払いを行うようにしましょう。